遥かなる空の下で。

人生は自分が思う以上に輝いている。

「新絵心教室」をはじめました。その3

新絵心教室』をまたまた紹介

創作活動をすることを目指して、
絵を上達するために『新絵心教室』をプレイ中。

絵が上手くなりたい人、おススメだよ!

今回は『木』を描きます

人生で一度は描いたことがあるのではないだろうか。

『木』の絵

単純に見えて、上手く見せるのはものすごく難しいんだよね。
木の生え方、枝の生え方、葉の見せ方…

デフォルメをして描くのは簡単かもしれないけど、
美術的に描くのは本当に難しい。

かくいう私も心理学部だったので、木は描きまくっておりまして。
木を描く難しさは痛感しております。

心理学と木を描くことに何の関係が…?

…と思われる方もいらっしゃると思いますが、
木の絵を描いて、描いた人の性格分析ができる、
『バウムテスト』というものがあるんですね。

それを、授業でよくやっていたので、よく描いていたというわけです。

準備するものは紙と鉛筆くらいで、簡単にできる検査なので、
もし気になったら、ぜひ試してみてください。

閑話休題

今回は鉛筆のみのレッスンになります。

今回の流れは、
1.木の輪郭線を描く。
2.鉛筆を寝かせ、木全体に影を入れ、葉の部分に色付け。
3.木の形を表現するためにハッチングする。
4.葉っぱの形を表現するために、葉の部分に線を入れる。
5.白い色鉛筆でハイライトを入れる。
という感じ。

結果↓
f:id:naru-aqua:20170604223124j:plain

葉っぱを一枚一枚描いているわけじゃないのに、
ちゃんと葉っぱの部分に見えるのがすごい。

それでは、また次回。

「新絵心教室」をはじめました。その2

新絵心教室』を引き続き紹介。

絵の上達を目指して、ニンテンドー3DS専用ソフト、
新絵心教室でレッスンを受けています。

昔から絵を描くのが好きで、
時間があるときに描いていたのですが、
独学…というか、ただ好きなように描いていただけなので、
たいして上手くもならず。

本格的に上手くなりたいなら、ちゃんと技術を学ばな!
と思い、『新絵心教室』に手を出した次第です。

『学ぶ』の語源は『真似ぶ』から来ているという説もあるしね。
何事も上達したかったら、上手い人を『真似する』こと、
つまり上手い人から『学ぶ』ことが不可欠なんだよね。

ということで、しっかりと学んでいこうと思います。
頼むぜ。おじいちゃん!!(先生)

今回はチューリップを描くことに。

前回、さくらんぼを描いて、満足していた自分に、
今回提示されたお題は『チューリップ』

提示された瞬間に速攻で思ったよね。

こんな複雑なもの描けるか!!

まぁ、さすがに2面で詰むわけにもいかないので、
先生の言うとおりに、描き進めていく。

今回の流れは、
1.背景の布を描く
2.チューリップの輪郭線を描き、中を塗る
3.明るい色、暗い色を描く
4.ハイライトを入れ、全体をなじませる

という感じ。

そして、完成したものがこちら。

f:id:naru-aqua:20170604181705j:plain

あら綺麗

これはなかなかにチューリップしてるんじゃないか??
いいねいいねー

まだまだレッスンはあるので、
引き続き頑張って行きましょうかね!

「新絵心教室」をはじめました。その1

新絵心教室をはじめました。

絵を本格的に始めようと思い、
3DS専用ソフト新絵心教室を購入し始めました!

レッスンを通して、絵の描き方を学んでいき、
実際に絵を描きながら、上達が出来ちゃうという素敵なソフトです。

果たして本当に絵がうまくなるのかどうか。
レッスンスタートです!
www.nintendo.co.jp
*はじめてのレッスン
いきなり絵を描くというわけではなく、
先生が丁寧に教えてくれながら、一緒に描いてくれるので安心。

せかされることなく、
自分のペースでゆっくり進められるので良いね。

どうやら絵というものは、
絵を描くためのコツがあり、そのコツを学ぶことで上達する
みたいだ。

最初のレッスンは『さくらんぼ』

さて、先生に手取り足取り教えてもらった結果がこちら。

f:id:naru-aqua:20170522211303j:plain

すごくない!?
ちゃんとさくらんぼしてるよ!!

もちろんですが、真っ白な紙から描き始めました。

レッスンの流れとしては、

まずはここを描きましょう (知識や技法を教えてくれる)

それではお手本です (先生が描いているところを見る)

それでは実際に描いてみましょう (実際に挑戦してみる)

次はここを描きましょう

という流れ、

確かに「それじゃあこれを描いてみて下さい」って言われても、
どこから描き始めればいいかわからないもんなぁ。。

描く順序もちゃんと教えてくれるから、
迷わずにスイスイかけるんだよね。

まだまだレッスンはあるので、引き続き頑張ってみます。

乗馬を体験しに行きました。

乗馬を体験してきました。

たまたま、乗馬を格安で体験できる広告が目に入り、
今まで経験したことがなかったので乗馬体験に行きました。

個人的に、乗馬は難しいスポーツだと思っていまして。

というのも、ラウンドワンに『ロデオ』という乗り物があり、
乗っては振り落とされ、乗っては振り落とされ、
乗っては振り落とされる事をただいたずらに繰り返していたので、
「馬は乗ったら振り落とされるもの」と脳が記憶していまして。

まぁ、乗りこなすのは無理なんじゃないか?と。

しかし、それはただの乗り物の話。

何事も挑戦してみないとわからないだろうということで
電話で予約を入れてきました。
(仮に振り落とされることになっても慣れっこだしね。)

そして、いざ乗馬クラブへ。

いきなり馬に乗るのではなく、
まずは、馬に慣れてもらうということで、
敷地を一周案内してもらいました。

いままで馬を間近で見る機会がなかったので、気づかなかったが、
間近で見るとものすごくデカい。

馬の種類にもよるんだろうけども、
背中の乗る部分の高さでも、170㎝はある。

小柄な馬もいれば、ガタイの良い馬もいて、
同じ馬でもいろんな種類の馬がいました。

「ここにいる子の名前全部わかるんですか?」

「最初のうちは似てる子の区別がつかなかったけど、
 ずっといるとだんだんわかるようになってきますよ!」

ほー
ヒラメとカレイレベルでそっくりすぎて、
全くもって区別がつかない馬もたくさんいるんだけど、
長く付き合ってたらわかるもんなんだなーと感心。

馬とのふれあい。

飼われている動物を触るのは抵抗ないので、
馬舎で顔を出してくる馬をなでる自分。
甘えてくるのは可愛いね。

「それでは、おやつをあげてみてください。」と、
スタッフのお姉さんから草のキューブを貰ったとたん、
一斉に首を出してアピールしてくる馬たち。

通称『奈良の鹿せんべい現象』
どの動物もエサを持っているときは甘えてくるな~

手でエサをあげる時は、
手のひらの上にエサを乗っけて口の傍に持っていくだけ。
これだけで食べてくれます。

とりあえず、一番近いところにいる馬にエサをあげてみる。

「この子、エサ置き場から近いから、
 おやつ貰いやすい位置ですよね。笑」


「はい。いつもおやつが貰えるんで、
 一番いい場所に住んでます。笑」

ですよね~ほかの子にあげれば良かったかな?
でも、目の前でアピールしてる子をスルーして、
他の子にあげに行くほど自分の精神力は強くなかった。

説明を聞きながらじっくり触れ合えたので、いよいよ乗馬開始。

『懐中時計』を購入しました。

f:id:naru-aqua:20170319110706j:plain:w300
■ 懐中時計 / 全体
装飾が細かくてステキ。
アンティーク系のアイテムが好きな人はたまらない一品。


懐中時計を購入しました

いつも愛用していた腕時計が壊れてしまい、修理に出してしまったので、
「そうだ。時計を買おう」と思い新しい時計を購入しました。

どうせ買うのであれば、腕時計が直るまでのつなぎとして買うのではなく、
「本当に気に入ったものを買おう」と思い探したところで会いました。

昔から時計のデザインを見るのが大好きなのですが、
この懐中時計を見つけたときに一目惚れしまして、
良い機会だから買おうかなと思い購入した次第です。

時計としての使いやすさ

購入して、実際に使用してみて気づきました。
「こいつ、めちゃくちゃ使いにくいぞ」と。

腕時計と違ってすぐに確認する事が出来ないですし、
手巻き式なので、ネジを巻くのを忘れると気づいたら止まっていたりします。

購入して持ち歩いてはいるものの、ビジネス向きではなく、
「時間確認するんだったら、別にスマホでよくない?」
という結論に達しました。今し方。

でも好き。


f:id:naru-aqua:20170319110720j:plain:w300
■ 懐中時計 / 裏側
ケルトン素材で内部構造も見えるのがステキ。
歯車の動く姿を実際に見て、ぜひ癒されて欲しい。

デザインや機構を楽しむもの

止まってしまったときに、

「ネジを巻くのが面倒だな…」

という思いは1mmもなく、

「あー止まっちゃったのねー今ネジまいてあげるねー」

くらいの余裕があります。

まるでペットに餌を与える飼い主のようだ。

むしろ、この手間のかかる作業が逆に楽しいと感じます。


ネジをゆっくりと巻く感覚、

中の歯車が周り、時計の針が動いている姿、

時計が動くときに小さくカチカチとなる音、

時計全体の細かい装飾。

どれをとっても飽きないです。
何も考えずにずっと眺めていられます。

時計全体を存分に楽しめると思います。
f:id:naru-aqua:20170319110732j:plain
■ 懐中時計 / 蓋をあける
開かなくても時計は見えるが、あえて開くことができるシステム。
蓋があけられるというだけで、懐中時計らしさを感じられる。

さいごに

時計として大切な事は、
『正確な時間を手軽に素早く知れること』
だと思っていました。

仕事では、時間の管理は大切な要素の一つですし、
一分一秒の時間が大切な局面もあります。

そういった場面に懐中時計は向いていないかもしれません。


懐中時計はけして便利な時計ではありませんでした。

でも、

数分ずれてたっていい。

途中で時計が止まってしまってもいい。

歯車が回って、ゆっくりと時を刻んでいるところを眺める。

時間に追われることもなく、つかの間の休息を与えてくれる。


正確な時刻を計れる便利な時計とは違い、

忙しい日常から離れて、穏やかな時間を与えてくれる

そんな時計なんじゃないかと思います。

残業中に貰うとうれしい差し入れ。

上司がのシフトが、朝から晩まで残業バリバリ14連勤とかなっていたので、
喜びそうな差し入れを考えてみました。

差し入れといっても、お客様に出すようなおしゃれなものではなく、
友達と食べるワイワイ食べるようなパーティ感あふれたものでもない。

今回、差し入れをお渡しするのは、
会社の為、ひいては世の中の為に、
終電を過ぎ、帰るお家が無くなるまでお働きあそばせている、社畜の皆様』である。

よって、そういった方々にお渡しする差し入れは、
『仕事しながら片手で簡単に食べられるもの』がベスト。
ということになる。

以下、差し入れで喜ばれるアイテムを紹介しよう。

チョコレート菓子

頭を使う仕事をしていると、糖分が欲しくなるので、
甘いものを買うととても喜ばれる。

ここで、簡単に食べられる甘いものと言えば、チョコレート菓子だろう。
コンビニやスーパーなど、どこにでも売っていて、しかも安い。
そして、小分けになっていて、食べたいときにすぐにつまんで食べられる物が特に評価が高い。

わざわざ高級なものを買う必要はない。

むしろ高級そうなチョコを差し入れても、
味わって食べようとか、少しづつ食べようとか別な事に意識が行ってしまう。

袋になんかいっぱいチョコ入ってるよ!くらいの方が、
ストレスなく食べられるので、差し入れるのであればそういったものを選ぼう。

栄養ドリンク・エナジードリンク

飲むと強くなれる気がする。
いくらでも頑張れるような気がする。

エネルギーが足りないけれども、仕事は残っているという状態ではありがたい存在だ。
ここぞというときに飲めば


エナジードリンクも喜ばれるが、
お値段がちょっとお高めで、
飲みすぎは健康を損なう恐れがあるので注意。

バランス栄養食品

バータイプやクッキータイプで、最近コンビニやスーパーに並んでいるものだ。

手軽に栄養を補給する為のものなので、
食事をとる時間すらも満足にとれない人にはとても重宝する。

多忙な環境だと、しっかりと栄養を取ることもままならないが、
ある程度の栄養を補うことが出来るので、そういった面でもおすすめできるアイテムだ。

また、空腹感も埋まりやすいので、空腹で集中力がかけているときに重宝する。

カップスープ

休憩時間のつかの間の癒しを与えてくれるものが、
インスタントのスープや、味噌汁だ。

作成する時間がかかり、すぐに食べきることは難しいものの、
体は温まり、何よりホッとする。

少しリラックスしたいときに飲みたいアイテムだ。


以上、残業中もらうとうれしい差し入れだ。

チームのみんなが疲れていそうなときに、渡すと喜ばれるだろう。
ぜひ参考にしてほしい。

シェアハウスに住み始めました。

仕事で終電を逃し、漫画喫茶に泊まる日々を送っていたので、
近くのシェアハウスに住むことにしました。

「シェアハウスに住んでるよ!」って言うと、
みんな神妙な顔をして「よく住めるな…」って言われます。
なんでだ。

「いやいや、案外楽しく毎日送ってるよ!」って伝えても、
「オレには無理」と即答されるので、
シェアハウスの素敵さをここで書いていこうと思います。

シェアハウスについて

そもそもシェアハウスとはなんぞや?
ってところからはじめますと、
『みんなで1つの家を共有して住む』って感じですね。

広めの家にみんなで同棲しているとか、そういう話じゃないですよ。
自分の部屋はちゃんとあります。ちゃんと鍵付きです。安心です。

部屋にはベッドと収納があって、
共有する部分は、トイレであったり、シャワーであったり、
キッチンであったり、洗面所であったりそういった部分です。

住んでいる人は、
男性、女性、様々な年代の人、外国人、ほんと様々ですので、
いろいろな人とコミュニケーションが取れます。

フレンドリーな人が多く、みんなめっちゃ声かけてきます。
廊下を歩いてると、
「今みんなで集まってるから来なよー!」って感じで、
気づいたら飲み会がスタートしてます。

逆に言えばコミュニケーション取りたくない人にとっては、
おススメできません。かなり気疲れすると思います。

だからこそ、コミュニケーションをとるのが好きな、
フレンドリーな人が多いんだと思いますが。

何にせよ、コミュニケーションをとることが好きであったり、
一人でいるのが寂しいと感じる人には楽しいと思います。

ちなみに一番の魅力は安さです。
家賃、電気代、水道代、ネットも通じていて、数万円!って感じです。

場所によって、値段は大きく左右されてしまうので、
『大体このくらい』はないですが、ぜひとも探してみて下さい。

シェアハウスのシステム面のはなし

シェアハウスによっては、ゴミ捨ての当番が決まっていたり、
掃除の当番が決まっていたりしますが、
シェアハウス管理会社の人が清掃するところもあります。

自分が住んでいるところは、管理会社の人がやってくれてます。

当番制の場合、当番の日にはちゃんとやらなければいけないので、
仕事のスケジュールによっては負担になってしまうかもしれません。

シェアハウスのドミトリーって?

シェアハウスは基本的には、自分の部屋がありますが、
場所によっては、2人部屋だったり、4人部屋もあります。
これがドミトリーです。

ちなみに自分はドミトリーで住んでおります。4人部屋です。

まず、どんな感じになってるかというと、
大部屋に2段ベッドが2つあり、自分のベッドが決まってます。
そして、自分のクローゼットと机があります。以上です。

特に何かで仕切られてるわけではないです。
(自分が住んでるところは。)

そして、入った当初は同居人はもちろん初対面です。

自分は楽しく過ごしているのですが、
一緒に住んでいる人によってかなり居心地は変わると思います。

部屋どんな感じの雰囲気かを一言で説明すると

『男子寮ってこんな感じなんだろうな。』です。

自分の第一印象がそれでした。

部屋には洗濯物が干してあり、
(ある程度自分の領域はあるもの)の荷物はごっちゃになり、
ものが散乱している。そんな感じです。

自分は、(汚いところでも全然気にせず住めるけど)綺麗好きなんで、
ほとんど物は置かないようにしてるんですが、
気づいたら、自分の領域に同居人のものが置かれていたりします。

ま、気にしないんだけどね。

同居人
「ごめーん!今机に荷物置いちゃってるー」

自分
「特に使ってないんで大丈夫ですー 机使うとき退けますねー」

同居人
「ありがと!全然退けちゃって良いからね!」

みたいな感じです。

こういったやり取りが出来そうになければ、
ドミトリーはお勧めできません。

ちなみに入居時に管理者にドミトリーはお勧めしないと言われました。
それでもドミトリーに入ったのは、もちろん『安いから』です。

あとは、生活スタイルが違う人が一緒に住むので、
朝早くに同居人の目覚ましが鳴って、仕事の準備をしていたり、
夜遅くまで電気がついていたり何てことがザラにあります。

神経質な人でしたら、一人部屋安定ですね。

でも、やっぱり人と一緒に生活するのは楽しいです。
仕事の話したり、お酒のみながら雑談したり…
人との繋がりが楽しめる人であれば、挑戦してみてもいいと思います。

メリットとか良いこととかを書いてく。

まず、契約がものすごく楽。
一時間くらいの説明を聞いて、サインして、ハンコ押して、入居完了~
はいじゃあ、これ部屋の鍵ね!って感じです。
ほんとあっという間だった。

住むのをやめるのも楽です。
なので、転勤などで移動が多い人が良く住んでますね。
住人もあっという間に、増えたり減ったりします。

そして安い!とにかく安い!
住むのも安いし、設備も整っているので、家電を買う必要もないし、
引っ越しの荷物も最低限で住む。ネットも契約しなくていい。
あらゆる面でお金がかかりません。

コミュニケーションについては、…たくさん書いたからいいか。

でも、必ずしもコミュニケーションを取らなくても大丈夫です。
あいさつ程度の最低限で過ごすことも多いしね。

みんなが集まるラウンジに顔を出せば、わいわいできるけど、
別に顔を出さずに過ごしてもいい。

普通に過ごす人は、普通に過ごしてます。

最後に

自分は学生時代からシェアハウスに住むのが夢でした。
その夢が社会人になった今叶った感じです。

住んでて良かったことは、やはり人との出会い。
いろいろな価値観の人に出会えたことでしょうか。

日本人学校に通っている外国の人に、母国の話を聞いたり、
日本のお菓子をあげたらめっちゃ喜ばれて、こっちまで嬉しかったり。

資格を取って新しい人生を歩もうと努力している人と出会ったり。

若いころ世界を旅して回っていた人に、いろいろな世界の話を聞いたり。

たくさんの人と出会うことは、自分にとってほんと刺激になりましたね。

興味がありましたら、
ぜひシェアハウスライフを送ってみてはいかがでしょうか。