遥かなる空の下で。

人生は自分が思う以上に輝いている。

バイオハザード7:『ジャック 55th バースデー』プレイ感想。かわいい。

どんなミニゲーム

バイオハザード7のダウンロードコンテンツVOL.2に
収録されているミニゲームです。

オシャレした化け物達を倒しながら時間を稼ぎ、
制限時間内に食材を集め、ジャックに運んであげる
という、
本編の雰囲気ぶち壊しのコミカルなミニゲームです。

こういう、ネタに走った要素は大好きですよ。
これをプレイすると敵が可愛く見える。

一応、本編との繋がりはないようです。

プレイしてみた感想

ステージは6種類で、1ステージあたりのプレイ時間も
20分前後なのですが、ついつい何度も挑戦してしまう。

このルートを通ったほうが効率がいいな…
このアイテムを取ったら、他が取れなくなるからいらないな…
そうしたらこっちのルートを通って…

…といった感じで、
何度も挑戦して効率の良いルートを探し出す楽しさがあります。

バイオハザードでどれだけ早くクリアできるかに挑戦する、
いわゆる『タイムアタック』に近い感覚ですかね。

一ステージが長すぎないのも、
何度も挑戦したくなるモチベーションになるかと。

その他の楽しさ。

本編でホラーだった場所は、かわいく(?)飾りつけされていて、
非現実的な武器もたくさん揃っていたりして、
ミニゲームの説明のメモや、食材の説明もコミカルなので、
バイオハザードらしくないところも楽しめますね。

この『ジャック 55th バースデー』と、『21』『ドウターズ』
3つ合わせて1,389円の有料コンテンツではありますが、
どれもなかなかに楽しめるので、
ぜひファンシーなバイオを体験してみてはどうでしょうか。


www.capcom.co.jp
バイオハザード7 レジデントイービル公式ホームページ